seegeのまとめサイト

もっと早く教えてくれよって思った内容を書いていきたいと思います。

渋谷が、どんどん変わっていきます。

最近は、ずっと渋谷なので写真が色々と見つかりました。
残念ながらNHK周辺に宿泊していないので、NHK周辺の写真はありません
しかし、旧渋谷駅南街区の取り壊しを始め高層ビルが次々に建設されて渋谷が変わっていく姿を見ることができました。

2016年1月19日 AM7:00 渋谷の朝です。

f:id:seege:20190707193000j:plain

2016年10月25日 246上のセルリアンタワー前の歩道橋です。

f:id:seege:20190707193305j:plain

渋谷東急プラザは、2015年3月22日に閉店となり、2016年11月28日には完全に取り壊されています。

f:id:seege:20190707193413j:plain

f:id:seege:20190707193451j:plain

それが、2018年9月9日時点では、以下のように変わり・・・

f:id:seege:20190707194904j:plain

2019年6月25日時点では、以下のようになっています。

f:id:seege:20190707195013j:plain

2016年6月20日時点では以下のような感じでしたが・・・

f:id:seege:20190707193744j:plain

2018年9月9日には以下のように渋谷スクランブルスクエア(左側)がヒカリエを隠してしまい、渋谷ストリーム(右側)が完成しています。

f:id:seege:20190707193938j:plain

 

森永PARM(パルム)がお気に入り!

今週のお題で、「どんなアイスが好き?」というものがありましたので、PARMについて書きました。

書いているうちに、色々と書きたいことが出てきてしまったので今回の記事に至りました。
PARMが知らないという方もいらっしゃるかもしれないので簡単に説明しておきます。

parm-ice.jp

最近のCMは以下になります。

発売は、2005年なので約14年前ですね。

発売時はエスキモーブランドの商品として発売されていたので、ピノやMOWと同じブランドだったことになります。

そのエスキモーも2010年7月に31年の幕を閉じて、森永乳業ブランドに統一されました。
PARMの商品を説明すると以下のような感じです。

大人にも満足いただける味わいをコンセプトに、なめらかな舌触りとコクのあるアイスクリームを、噛みだしのやわらかいチョコレートで包んだアイスクリームバーです。

2008年に寺尾聡さんがCMに起用されたのは個人的に驚きました。
まさに「大人にも満足いただける」というコンセプトを前面に押し出した感がありました。
と偉そうに言っていますが、この頃はまだ、PARMを食べていませんでしたが(笑)

PARMの現在のラインナップは以下の通りです。

チョコレート

チョコレート&チョコレートプラリネ仕立て

抹茶

ストロベリー

アーモンド&チョコレート

キャラメル・バナーヌショコラ(期間限定)

個人的には、期間限定のキャラメル・バナーヌショコラはバナナアイスの味が強すぎてチョコレートと合っていない感じがします。

PARMの良い点ですが、表面にコーティングされているチョコレートがはがれにくいんですよね。
他の同じような製品だとチョコレートがポロポロとはがれてきてチョコレートとアイスを一緒に食べることがなかなかできないんですよね。
つまりチョコレートが凄く滑らかなんです。
PARMの特徴は色々あるようですが、僕はこれに尽きます。

文にするだけなら簡単ですが、実際に作る際には相当苦労があったようです。
以下は、森永のホームページに記載されている内容です。

一番大変だったのは、実際に工場でアイスクリームを製造するところでした。数ヶ月間は工場にはりつき、なめらかを追求するために、当社の装置開発研究所等設備担当と共同で、アイスクリームの食感に影響を与える工場の設備などを独自改良しました。

そして、改良を加える度にアイスクリームの配合を微調整し、工場の設備を再検討して製造条件を変更していきました。その度に、何度も何度もテストを繰り返し、たくさんのアイスクリームを試食する。そういったことを数ヶ月間ずっと繰り返し、ベストな製造条件を導き出していったのです。

おいしい原料を使うだけでは、バランスが崩れるということも書かれています。
発売当初は、価格が他の商品より高くて売れ行きはよくなかったようです。
まずは食べて頂くことが大切だということで、CMや広告よりコンビニやスーパーの売場を確保して、お客様がすぐPARM(パルム)を手に取れる状況を作っていったそうです。確かにPARMが置いてないスーパーやコンビニはないかもしれませんね。

 

【期間限定発売】渡部健監修kit Oisix入りおためしセット】

酎ハイをバカにしてはいけないです。

ずっと、疑問に思っていたことがあるんですね。

グレープフルーツサワー又は、グレープフルーツのチューハイってお店で飲んだ時と、缶酎ハイで全く味が異なるんですね。
確かにお店だと、グレープフルーツが半分に切られたものと冷えた焼酎?が入ったグラスが出されて、グレープフルーツを絞り機で絞って飲んでくださいという場合があるので、お店だと生のグレープフルーツを絞って入れるので、美味しいんだろという程度で考えていました。
お店だとグレープフルーツの味も香りもしっかりするのに、缶酎ハイだと別の飲み物?と疑うくらいに味が違い、グレープフルーツの味はわずか、香りに至っては全く感じられません。

これが缶のワインを飲んでいた時にふと気が付いたのです。

ワインって缶でも、ワイングラスで飲んでいます。
これは、缶のままだと缶の金属味とワインの味がケンカしてしまいワインを飲んでいる気にならないのです。
じゃあ普通のコップではダメなのか?と問われれば、ダメですと断言しちゃいます(笑)
なぜ?と思われる方のためにお答えします。
それは、グラスのカーブなんです。
普通のコップでは、形がストレートなので傾けると一気に口に流れ込んできます。
このため、香りや味を楽しむ余裕がありません。
しかし、ワイングラスのように傾きがあると、グラスの膨らんだところで一旦、ワインを止められるので、口に流し込む量や速度をコントロールしやすいんですよね。
そしてグラスだと飲む時に鼻がグラスの中に近づくので香りが鼻の中で広がります。

これだけで缶ワインの味が全く違ってきます。

ワインだと缶のまま飲まないのに、缶酎ハイだとそのままで飲んでいることに気づいたのです。
缶酎ハイは缶ビールよりも安いお酒です。
安いお酒なんだから、香りを楽しむ必要なんてないし一気に流れ込んできても味が変わることもないと決めつけていたんですね。

考えてみれば、お店は缶のまま出てくることはありません。
必ずグラスです。
もしかすると、グラスで飲むとお店の味になるのでは?と考えたのです。

ワイングラスでも良かったのですが、お店だとコップの上が膨らんでいて下が細くなっている感じのものが多いので、同じようなグラスがないか探してみました。

するとエビスのマイスター(ビール)を買った時についていたグラスがありました。

エビス スタンダードタンブラー 420ml

エビス スタンダードタンブラー 420ml

 

そして、 グレープフルーツの缶酎ハイで勝手に最高峰だと決めつけている、キリン本絞りチューハイをグラスに注ぎました。

こんなことくらいで味が変わるの?と思いながら飲んでみると・・・

お店の味になっているではありませんか!
グレープフルーツの味は濃厚で、香りもしっかりとします。

安いお酒だとバカにしてはいけないってことなんですね。
缶酎ハイを缶のままでしか飲んだことがない方、是非、しっかりしたグラスに注いで飲んでみてください。

味が全く違いますよ。

 

ZARD(坂井泉水さん)のドキュメントブック発売

今日(8月15日)、アマゾンの本のランキングを見ていると、55位にZARDの文字が。

永遠 ~君と僕との間に~

永遠 ~君と僕との間に~

 

表紙の写真が良いですね。
どんな内容の本なのでしょうか?
エキサイトニュースを見ると以下のようなことが書かれてありました。

ZARDのボーカリスト坂井泉水のオフィシャルドキュメントブック。

2007年に出版されたオフィシャルブック『きっと忘れない』の完全版ともなる一冊。 残された膨大な写真の中から厳選された、未公開を含むおよそ90点もの写真とともに、坂井泉水を知る長戸大幸プロデューサーによる貴重な新証言を収録。その他、共に作品作りに明け暮れたディレクター、マネージャー、エンジニア、ミュージシャン、フォトグラファーなどを徹底取材。書籍初掲載となる、坂井さんが書き残した歌詞の創作メモなども収録。活動を網羅したディスコグラフィーバイオグラフィーも含む永久保存版。

また、ビーイングオフィシャル通販サイト「Musing」にて“ZARDスペシャルレターセット”付き限定版も予約受付中。スタッフにもよく手紙を書いていた坂井。「Don't you see!」や「突然」「もう少し あと少し…」「Season」と、“手紙”というキーワードも楽曲中に度々書かれている。

そこで「永遠 ~君と僕との間に~」限定版は、封筒、便せん、封緘用ステッカー、ポストカード、さらにそれらを収納できるレターホルダーのスペシャルセット付きで販売する。(『永遠 ~君と僕の間に~』限定版(ZARDスペシャルレターセット付き)予価:¥2800(税抜き)) Musing、楽天ブックスセブンネットショッピングでは、それぞれの限定カバー特典が付く。

詳しくは、幻冬舎特設サイトよりアクセスできる各ショッピングサイトをチェック。

www.gentosha.jp

2007年に出版された『きっと忘れない』の完全版ということですね。
(現在は、絶版となっていて定価が税込み1,512円だったのに、古本でも6,000円以上しています・・・)
この本は、何度も読みましたが、ZARD坂井泉水さんの色々なエピソードがスタッフの方の証言を元に書かれている内容です。
とても良かったです。
『きっと忘れない』

第1章 レコーディング
第2章 作品
第3章 プロモーション
第4章 撮影
第5章 ライブ
第6章 ファン
第7章 プライベート
第8章 闘病生活

「きっと忘れない」が絶版になり、この本の内容にスタッフの方の新証言とカラー写真を追加して完全版にしたものが、「永遠 ~君と僕との間に~」という感じなんでしょうか?

きっと忘れない ZARD OFFICIAL BOOK

きっと忘れない ZARD OFFICIAL BOOK

 

通常版とスペシャルレターセット版の2種類があるようです。
スペシャルレターセットの内容は予定とのこと)
共に購入特典はダブルカバーで商品に二重のカバーがついた状態で出荷されます。

ZARDスペシャルレターセット

レターホルダー
便せん
封筒
封緘用ステッカーシート
ポストカード

価格は、通常版が税抜き1,800円に対して、スペシャルレターセット版が2,800円なので、レターセットが1,000円ということですね。
これを高いとみるか、安いとみるのかは、人によって異なるかと思います。

スペシャルレターセット版は、Musing限定ということなので以下からどうぞ。

musing.jp

 

1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる!  ガボール・アイ

1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる! ガボール・アイ

 

 

あおり運転を無くす方法

あおり運転に関する報道が近年増えてきているように思います。

f:id:seege:20190817195910p:plain

しかし、僕には、あおり運転が増えているようには感じられないんですよね。

それよりも、以下のような「思いやりなし運転」が年々増えているように感じられます。

無理な割込みをしてくる。(その後、必要以上にゆっくり走る)
車間距離を詰めてピッタリ張り付いてくる。
ウィンカーを出さずに車線変更や右折・左折を行う。
右折や左折時に、何故か隣の車線にはみ出す程、膨らんでくる。
十分に右折できるのに右折しないで右折信号が点灯するのを待つ。
前に入れてあげたにも関わらず、ハザードも出さない。
やたらと車線変更をする。
前が工事中で車線変更したいのに後ろの車が先に車線変更する。
信号が青に変わったのに前を見ておらず気づかない。

僕が言いたいのは次の一言だけです。

あおり運転は、
「思いやり運転」でなくなります。

これで、なるほどと思って頂けた方は、後は読まなくても大丈夫です。
あとの文章は、これだけでは理解できないという場合に読んで頂ければと思います。

あおり運転が騒がれているということで、自動車販売店岡山トヨペットが制作したあおり運転が起きるまでの加害者、被害者の心理描写を表現した動画「STOP ROAD RAGE」が話題になっているそうです。

まずは、以下の動画を見てください。

僕は、あおり運転が増えているのではなく、あおり運転をさせるようなマナーの悪い運転が増えているのだと思っています。

ほぼ毎日、車を運転していますが、あおり運転の被害を受けた記憶はこれまでに1回だけです。
それも、相手側の勘違いによるものでした。
その時のことを参考までにお話したいと思います。

大きなダンプカーが信号待ちをしていました。
ダンプカーは信号待ちで、右折車線で停まっていたので僕は左側の直進・左折車線に入りダンプカーの隣に並びました。
信号が青に変わったので、僕は直進すると隣のダンプカーもそのまま直進してきました。このままでは危険なので速度を上げて強引にダンプカーの前に出ました。

暫くして、後ろから大きなクラクションの音が聞こえてきました。
そして物凄いスピードでこちらに迫ってきています。
速度を緩めるとダンプカーは僕の車を追い抜いて止まりました。
何なんだろ?と思いながら、僕も車を止めるとダンプカーの運転手が凄い形相でこちらに向かってきました。
「ちょっと、こっちに来い!」とダンプカーの方に連れていかれました。

「どうしてくれるんだよ!、ダイドーがこぼれてしまったじゃないか!」って怒っています。
ダイドーって何だろう?と思っていると、ダンプカーの運転手が缶コーヒーを手にしました。
ダイドー製の缶コーヒーのことだったんですね。

僕がダンプカーの前に飛び出したから、ダンプの運転手は急ブレーキを踏んで缶コーヒーがホルダーかどこからか落ちてしまったということのようです。

言い分は、何とか、わかったのですが、右折車線から直進しておいて、こちらが悪いと言われても納得できないので、その旨、説明したのですが、怒りが収まらないようでなかなか聞いてもらえません。
出勤途中で、時間を取られて遅刻は避けたかったこともあり、警察を呼びますねと伝えました。電話をしようとすると携帯電話を取り上げようとするので、こちらも流石にカチンと来て、「だったら、どうしろと言うんですか!」と大声を張り上げてしまいました。これまで、温和に対応していたのに突然、大声を出したので、驚いた様子でした。

「だったら、このまま一緒に警察に行きますか?、貴方が右折車線から真っすぐに進んできたんですよ?交通違反をしたのは貴方なんですよ!」ともう一度、伝えると、ようやく自分の否に気づいたのか、だまってダンプに乗り込んで立ち去りました。 

これが、僕の唯一のあおり運転体験です。

その時は、こちらは悪くないと思っていたのですが、考えてみれば、
このままだと危険だと思って強引にダンプカーの前に出ました。
危ないと感じたのに、強引に前に出るなんて、危険行為です。
僕が危険な行為をしたので、自分が右折車線にいたことに気が付いていなかったことで突然、割り込んできた奴が出てきたと思われたわけです。

それ以来、「おもいやり運転」を心がけるようになりました。
具体的には、以下のような感じです。

・交通ルール・マナーを守る。
・急な割込みはしない。
・車の流れには極力逆らわない(制限速度は守る)
・追い越し車線は追い越すとき以外は入らない。
・前に入ってくる車がいれば入れてあげる。


あおり運転の経験がある方というのは、多分、些細なことであっても、反感を買うようなことをしているはずなんです。高速道路の追い越し車線を制限速度以下で長時間走っているとか、急に前に割り込んだとか、理由は絶対にあるはずなんです。

だからと言って、あおり運転をしても良いってことにはなりませんが、少なくとも反感を買うような運転をしなければ、むやみやたらに、あおってくる人なんて、宝くじの1等に当たるくらい稀なことだと思います。

他の人のことを考えないで運転をするから、あおられるということだと思うんですね。
だから、あおり運転をなくす一番の方法は、他の人を考えて走る、「思いやり運転」を全員が心がけるということしかないと考えます。

ここまで書いて、警視庁のサイトを見ていると・・・

www.npa.go.jp

「思いやり・ゆずり合いの安全運転」という内容が書かれていました(笑)

 

1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる!  ガボール・アイ

1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる! ガボール・アイ

 

 

N国党 立花孝志代表のNHKとの受信契約についての考え。

立憲民主党の中谷一馬衆院議員の質問主意書に対する答弁で、政府は8月15日の閣議で、「NHKと受信契約を締結した者は、NHKに対し、受信契約に基づく受信料を支払う義務がある」とする答弁書を決定しました。
これに対して、立花氏は「受信契約をしないのは法律違反だが、受信料の不払いは違法行為ではない」と主張しています。
そして参院議員会館の事務所に設置するテレビについてNHKと受信契約は結ぶが、受信料は支払わないということです。
NHKと受信契約を締結して受信料は支払わないというのは、どういう理屈なのかが気になったので調べてみました。

立花氏は以下の動画で今回の閣議決定に対して反論されています。
そして、同時にNHKから裁判された方へのお助け企画も同時に発表されています。

立花氏の反論をまとめると以下のような感じかと思います。
(かなり端折っていいますので、正確な内容は動画を参照願います)

三権分立を正しく理解していない人たちがあまりにも多いので、説明したいと思っています。

三権分立
 立法(国会)が契約の義務を課している。
 行政(内閣)が支払いについては閣議決定している。
 司法(裁判)行政の運用に間違いがないかを判断する。


立法でルールを作って、それを行政が運用し、司法は行政の運用に間違いがないかを判断するんです。

これまで行政は裁判で何度も行政側が負けています。
しかし立法で作られたものは、憲法違反のものでない限り裁判で負けることはありません。

つまり政府の答弁書には何の効力もない、一見解なんです。
そして行政に関わる人(官僚・職員)は、定年まで入れ替わることがないんですね。だからこの人達には権限が与えられていない。

現在、9か所にテレビを設置していますが、これまでNHK受信料を支払っていません。それでも今、現在も国会議員を続けていることが、NHKに受信料を支払わなくても良いという一番の証明になります。

更に、まとめると裁判で負けることが、ほぼない立法が決めたことについては従いますが、裁判で勝ったり負けたりしているような権限が与えられていない行政が決めたことは一見解でしかないので従う必要はないので立法で決められているNHKとの受信契約はしますが、支払いに関しては立法で定められていないことなので支払いませんという言い分になるかと思います。

法的根拠というよりは、裁判の判例や、過去の事例を重視しているって感じですね。
それでも、政府が決定したことなので、立花氏がこのまま支払いを拒否すればNHKとの裁判になるのでしょうね。

 念のため、NHKや立花氏がよく持ち出す、放送法 第六十四条を見てみましょう。

放送法 第六十四条

協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。

ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第百二十六条第一項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

2 協会は、あらかじめ、総務大臣の認可を受けた基準によるのでなければ、前項本文の規定により契約を締結した者から徴収する受信料を免除してはならない。

3 協会は、第一項の契約の条項については、あらかじめ、総務大臣の認可を受けなければならない。これを変更しようとするときも、同様とする。

4 協会の放送を受信し、その内容に変更を加えないで同時にその再放送をする放送は、これを協会の放送とみなして前三項の規定を適用する。
(国際放送の実施の要請等)

まず第一項ですね。
NHKを受信できる設備を設置したらNHKと放送の受信について契約をしなければならない。」とあります。

その後で、以下の例外があると定められています。

1:放送の受信を目的としない受信設備
2:ラジオ放送の受信機
3:多重放送しか受信できない受信設備 

上記に該当する場合には、受信料を免除しないといけないあります。

第一項については変更を含めて、総務大臣の認可が必要
第二項については、例外がある場合には、契約を締結していても受信料は免除しないといけないとあります。
ここで、いきなり、「受信料」という単語が出てくるんですね。
つまり、契約=受信料の支払いが必要ということになるのでしょうか?

第一項で一番気になるのは、「放送の受信を目的としない」という部分です。
これは、実は以前にNHKに以下のような質問をしたことがあるんですね。

テレビを生産している工場や、家電量販店のような場合は、凄い台数のテレビを所有していることになりますが、受信料は必要なんですか?

その回答は、「放送の受信を目的にしない場合には契約は不要です」という内容でした。

つまり、放送の受信目的で受信設備を所有していなければ、NHKとの受信契約は不要ということになります。
今後、NHKの放送をネットに同時配信できるようになるということです。
そうするとパソコンやスマホを所有している場合にも受信契約が必要になるのでしょう。
パソコンやスマホは放送の受信を目的に購入しておらず、あとからNHKが強引に視聴できるようにして受信契約をさせるということが現実化するのであれば、これはNHKと徹底的に戦うことになると思います。
会社でインターネットに接続できるパソコンは全て受信契約をしないといけないのでしょうか?

f:id:seege:20190731190324p:plain
参考までにN国党のNHKから裁判を起こされた時のお助け企画を紹介しておきます。
NHKから裁判された方のお助け企画

NHKと受信契約を行って支払っていない場合に裁判になる確率は100分の1
未契約の方だと20万分の1くらいです。

●お助け企画 その1
 裁判になった時には、行政書士の彼女が20%安くしろという反論を無料で行います。
 全員が支払えば20%安くなるのだから20%安くしろという内容です。

●お助け企画 その2
 NHKゲキタイシールを応募されて自宅に6か月以上貼っているにも関わらず裁判になった場合には、「立花孝志ひとり放送局」に出演して頂きます。
 その際に出演料として8万円支払います。(顔や住所は出しません)

 立花氏の発想は、怪しさを通り越して、理解できなくなりました(笑)

 

何故、香港でデモが起きているのでしょうか?

テレビやネットで香港のデモについて報道されていますが、空港が占拠され飛行機が飛ばなくなったとか、暴力的な面ばかりがクローズアップされ、何故、デモが起きているのか?という部分については、あまり報道されていないように思います。

f:id:seege:20190815064036p:plain

デモに参加した方によると、空港でのデモには、その機能を停止させる目的があったとのこと。空港は経済を重視する政府にとって大切な場所だからという理由です。
実際、出張や楽しみにしていた旅行が中止になったり帰れない人も出てきており、今回の空港占拠で、宿泊者が減ったことで仕事が減って生活に困る香港の人も出てきています。

これだけのことをしなければいけなくなったのは何故なのでしょうか?
香港政府が進める「逃亡犯条例」改正案に対する反対というのが表向きのようですが、背景にはもっと深い内容があるようです。
まずは、「逃亡犯条例」改正案がどのようなものなのかを確認してみたいと思います。

まず、改正前の逃亡犯条例からです。
現在、香港は米国など20カ国と犯罪人引き渡し協定を結んでいます。
しかし、中国本土やマカオ、台湾との間にはなかったんですね。

そんな中、2018年2月に香港の男性が台湾で女性(恋人)を殺害して逮捕される前に香港に戻るという事件が起きました。香港政府は台湾との犯罪人引き渡し協定がないので身柄移送ができませんでした。
帰国後、犯人は自白しています。
しかし、香港では台湾で殺人を犯した香港人に対して裁判管轄権がありません。
このため、香港では裁判が行えず、マネーロンダリング関連の罪で服役させることしかできなかったのです。
このような事態を解消するために条例改正が必要ということになったわけです。


ここまでの話は、中国本土や台湾で殺人を行っても捕まらずに香港に戻れば罰せられることがないということになるので、改正の必要があるように感じるはずです。

では、何故、反対運動が起きたのでしょうか?

香港は1997年に中国に返還されています。
返還後も「一国二制度」で高度な自治が50年間認められています。
逃亡犯条例が改正されることにより同制度が事実上崩壊することを反対派は懸念しているんですね。
香港政府は引き渡し対象となる犯罪を限定するなどしていますが、実質的に香港市民も中国当局の取り締まり対象になる恐れがあると考えています。

では、「一国二制度」とはどのような制度なのでしょうか?
朝日新聞の記事で以下のように記載されています。

英国はアヘン戦争(1840〜42年)で清に勝って以降、段階的に香港を統治下に置き、1898年に香港全域を植民地とした。1980年代に本格化した返還交渉を経て英中両国は84年に共同声明に調印し、97年に返還することで合意した。香港では返還から50年間は、資本主義など中国本土とは異なる経済・政治制度を維持することが約束され、外交と国防をのぞく「高度な自治」が認められた。香港の「憲没にあたる香港基本法には、中国本土では制約される言論・報道・出版の自由、集会やデモの自由、信仰の自由などが明記されている。

つまり、香港は中国ではありますが、返還から50年間は、これまでと同じように中国本土とは異なる経済、政治制度を維持してもいいですよってことになっているんですね。それが、今回の逃亡犯条例の改正により、中国本土へ犯罪人の引き渡しができるようになると中国本土で禁止されているような行為を香港で行うと中国本土からの要請で引き渡されてしまう可能性が出てきます。
ちなみに、今回の改正は香港の人だけではなく香港を訪れた外国人ビジネスマンや観光客も引き渡し対象になる可能性があるんですね。

そして、香港は選挙では自由が制限されています。
香港の首長を決める、長官選は1200人の選挙委員だけが投票権を持っています。
そして選挙委員の構成には民意はほとんど反映されていません。
このため政治に民意を反映させるための手段として、デモは自分たちの声を聞いてもらうための数少ない手段なんです。


実際、2003年に50万人が参加したデモで安全保障法案を却下させた実績もあります。
今回のデモは、法案を却下させた時のデモを大きく上回る100万人を超える規模ということからも香港の人にとっては大きな問題なのでしょう。

しかし、今回のデモの内容がどんなに正しくても、空港を占拠して関係のない人を巻き込むような行為はデモから逸脱する行為なので絶対にやめて欲しいと思います。

1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる!  ガボール・アイ

1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる! ガボール・アイ