seegeのまとめサイト

もっと早く教えてくれよって思った内容を書いていきたいと思います。

自動車メーカーなど5社が不正?

また、型式指定で不正?

自動車などの大量生産に必要となる「型式指定」の取得で、おととし以降、ダイハツ工業などによる不正が相次いで明らかになった。

型式指定の取得には、各メーカーが認証試験を行って、試験データを国に提出し、これを元に国が合格と判断すると、「型式指定」が取得出来て量産する1台ずつに対しての審査が不要になるというもの。

実質、「型式指定」が取得できなければ、販売できないことになる。

これに伴い、国土交通省が各社に調査を指示した結果、2024年6月3日、トヨタ自動車マツダヤマハ発動機、ホンダ、スズキの5社で車の性能試験での不正が明らかになった。

安全性に問題はない

不正を行ったとされている、トヨタマツダ、ホンダが会見を行なったが、その時に、口を揃えて、国より厳しい独自基準で試験をしているので安全性に問題はないと話しているが、これはどういうことなのだろうか?

後ろからの衝突実験では、国の安全基準では1,100Kgのものが衝突したときでも車体が耐えられるか?というもの。

※燃料漏れがないか?という試験。

しかし、今回、不正だと指摘されたのは、1,800Kgのものが衝突したときの試験データを提出していたという内容。

これが、国より厳しい独自基準での試験ということになる。

なぜ、そんなことをしているのか?

世界ではより厳しい安全基準で試験を行おうということになっていて、欧米では「NCAP」という販売している車を抜き打ちで検査をする流れができている。

しかし、日本では、実施されていなかったので、各方面から指摘されて日本でも行われるようになった。

それが「JNCAP」になり「型式指定」の安全基準より厳しい内容になっている。

そうなるとメーカーにすれば、同じ試験を「型式指定」基準と「JNCAP」基準で行わないといけなくなる。

また、トヨタは海外にも車を輸出している。

海外だと日本よりも重い車がたくさん走っているので、トヨタでは1,100Kgではなく、海外に合わせて1,800Kgで試験を行っている。

国交省では国が定めた手順・基準で試験を行ってクリアしないといけないので、1,100Kgのところをより重い1,800Kgでクリアしていても同じ基準ではないということでクリアしたことにはならないので不正と判断されてしまう。

更には、今回、20万件のデータを調査して、このような事例で不正だと指摘されたのは6件、それも10年前のものだったという。

タイマーでエアバッグを作動?

個人的に気になっていたのが、前面衝突時の乗員保護試験で、エアバッグをタイマー着火した開発試験データを提出したというもの。

エアバッグは衝突すると着火するものなので、それをタイマーで着火させるというのはおかしいのではないか?と思っていた。

この試験は、シートベルトとエアバッグによる乗員保護性能を確認することなので、衝突したタイミングに合わせて確実にエアバッグを展開させるためにタイマー起動を使用したという。

それが不正なのではないか?と思っていたが、エアバッグの自動着火性能については、既存モデルにおいて性能が確認ができているということらしい。

ECUが正面からの一定以上の速度での衝突だと検知した場合に、エアバッグは作動するようになっている。

これが車ごとに異なるので、試験を行う期日に間に合わない場合がある。

そんな時には、タイマー起動と言われる、衝突を検知したら着火するような仕組みで試験を行うことになる。

とは言っても、販売するものと全く同じ状態ではないはずなので、この点については不正があったと言わざる得ない。

今後も繰り返されるはず

「試験成績書の提出期限」に対して時間がないという内容を聞く。

これは、型式指定には、申請から最大で2カ月要するという背景がある。

販売日が決まれば、逆算で全ての日程が決まってくる。

しかし、予定通りにはいかないもの。

遅れが出れば、他の工程にも影響が出てしまう。

自動車メーカーも戦略を持って自動車の開発を行っているので、簡単には日程を変えられない場合もあるだろう。

そうすると、安全を担保した上で、試験データの不正を考えてしまう。

ましてや、型式指定の申請は、楽勝でクリアできると思っていれば、安全面で問題はないのだろから、あとはカタチだけのものと考えて安易に行う場合もあるだろう。

今の仕組みが変わらない限り、同じようなことが繰り返し起きる可能性はあると思う。