seegeのまとめサイト

もっと早く教えてくれよって思った内容を書いていきたいと思います。

【今週のお題】私のYoutube動画ランキング(2024年上半期)

今週のお題「私の〇〇ランキング」

2024年年1月~6月10日までにYoutubeで見た動画で印象に残っている順番に紹介したい。

1位:宮司アナの負けたくない相手

この動画を見るまでは、正直、野心が強い人だという印象しか持っていなかったのが、動画を見て一気に変わってしまった。

上野公園で上京した時の自分の思いを赤裸々に話してくれたシーンを見て、印象がガラッと変わってしまった。

今年見た動画の中では1番、記憶に残っている。

www.youtube.com

2位:おにぎりの名店「ぼんご」の女将がクックパッドの取材に明かした究極の塩おにぎりの作り方。

おにぎり専門店「ぼんご」の店主が、美味しいおにぎりの作り方を、惜しげもなく教えてくれる動画。

米の洗い方、絶対条件の2時間浸水して早炊きで炊く、炊けたら水蒸気を抜いてから保温、握らずにラップをねじるだけ、全てが新鮮な内容だった。

www.youtube.com

3位:木村拓哉初めての100円ショップ!腹くくって慎重にお買い物!

木村拓哉が100均(DAISO)にはじめて行くという動画。

バスタオルを手渡されて腰に巻きながら着替えるときに、これが重要なんだと熱く語っていた木村さんが印象的だった。

www.youtube.com

4位:【22歳社長?!】新たなBOSSに西牧社長がインタビュー!!

高1からアルバイトを始めて22歳でフラチャイズ系のCoCo壱番屋で社長になった諸沢さん。映画やドラマのようなサクセスストーリーを手に入れた人がどんな人なのか?それが伝わってきた動画。

どんな社長になりたい?と西牧社長に質問されて、「社内でも、社外でも、やっぱりまだ、私で大丈夫なのか?諸沢で大丈夫なのか?っていう不安の声の方が多いんですけど、今は社長の真似をして、そこから自分の色も取り入れて、いずれ諸沢社長でよかったって、西牧社長にも諸沢に任せてよかったって言ってもらえるようになります。

と答えていた。

最後の「なります」と答えた諸沢さんの凄さを感じた。

普通の人なら「なりたいです」「なれるように頑張ります」といった答え方をするもの。

しかし、諸沢さんは「なります」と断言した。

22歳で実現には「断言すること」が重要なんだということを知っているのだろう。

www.youtube.com

5位:1年待ちだけど100年持つ“究極の弁当箱”…ご飯を美味しく保つ『尾鷲わっぱ』を生み出す唯一の64歳職人

尾鷲わっぱ、100年もつ弁当箱。

映像を見るととにかく「美しかった」

正直、弁当箱というよりも、芸術品にしか見えなかった。

しかし、尾鷲わっぱの真骨頂は、水分を適度に吸い取り、食べ物を美味しく長持ちさせることなので見ているだけではわからない。

そんな弁当箱を作れるのは、現在、世古効史さん一人だけ。

この動画を見て、尾鷲わっぱが欲しくなってしまった。

www.youtube.com

6位:【ゴジラ-1.0】監督・脚本を務めた山崎貴が語る「シン・ゴジラ」への対抗策とは

ゴジラ映画で初めて現代ではなく、過去を描くというタブーへの挑戦、シン・ゴジラとは真逆の考え方で作られたゴジラ-1.0、そんな制作秘話がこの動画を見て初めて知った。この動画を見ると、テレビでのインタビューは建前のように感じられた。

www.youtube.com

7位:最高の勉強法・効率的な覚え方【科学的根拠のある効果的な学習方法について医者が解説】

繰り返し読むというのは1回読むより2回読んだ方が記憶に残るが3回以上読んでも2回読むのと効果は変わらなかった。授業で書きとったノートを読むだけの勉強というもの効果が低いことがわかっている。

もう一つ、蛍光ペンでハイライトすることも効果がないという結果が出ているといった、これまでの勉強法の常識が実は、効果がないことなどを説明した上で、効果の得られる勉強法を説明してくれている。

www.youtube.com

8位:「世界最強」と言われたゼロ戦…弱点はなぜ暴かれた?悲劇の戦闘機の真実|ABEMAドキュメンタリー

世界最強と恐れられていた「ゼロ戦」がなぜ突然、次々に撃ち落されるようになってしまったのか?

ゼロ戦の成り立ち、ゼロ戦の弱点が敵国に分析されてしまった理由、全て日本人らしい考え方によるものだった。

www.youtube.com

9位:【PXB WORLD SPIRITS】井上尚弥 京都合宿に密着!

こちらも、この動画を見る前までは、あまり好きではなかった井上尚弥

しかし、この動画を見て、井上尚弥のボクシングへの想いが自分にも伝わってきたことで自分の認識が間違っていたことに気付かされた。

井上尚弥がアマチュアボクシング時代に、2回試合して2回共に負けてしまったキューバの選手(ヨスバニー・ベイティア)がいたことを初めて知った。

2021年の井上尚弥がその選手のことを「強いっすね、あれは動きが尋常じゃない」と言っていた。

高校三年生ではまだ、体が出来ていないこともあり、大人と戦って勝つのは難しいようなニュアンスで話していたのが印象的だった。


www.youtube.com

10位:どこの国にも属さない「無主地」なぜ存在する?【解説】

地球上では領土争いが絶えないのに、どこの国の領土にもなっていない「無主地」という場所が存在することをこの動画で知った。

そして「無主地」が存在するのも、「領土争い」が原因というのだから人間の領土への思いというのは尋常じゃないと思った。


www.youtube.com

番外編

まだ、半年が過ぎていないが、以上が、現段階での印象に残った動画10本になる。

もう1本、松田聖子さんがコンサートで福岡弁でMCをする動画も紹介したかったが、こちらは著作権侵害の可能性がある動画だったので、残念ながら、文章で紹介するにとどめたい。